2021年10月18日月曜日

 ニューヨークもこの2年ほどコロナ危機のために、美術界もすっかり人と対面で会うことは無く、そのためZoomによるネット会合を企画している美術家ジルに招かれて、これまでの作品仕事について1時間半ほど話しました。これまでのシカゴやコネチカットに設置して来た立体作品やNY近代美術館の作品など90枚ほどの写真をパワーポイントで用意して、英語でのZoomによる講演は初めてでしたが、ジョークを交えてみんな愉快に笑いながら熱心に聞いていました。

50年間休むことなく毎日10時間を仕事に集中して、ニューヨークでももっとも大量に仕事して来た芸術家であると長年の友人であるジルも言っていましたが、他に取りえはないけれどそういう50年の完全な集中と持続だけは稀有かもしれないと、今も毎日続けています。

こういう集中と持続を可能にして来たのは、実は人間関係とは無関係な、身近な自然界を友として、常に心を平静に芸術制作にのみ焦点を集中して来たからです。

近所の公園に出かけて毎日リス、スズメに40年会っています。スズメは公園への途中に住んでいる場所が3箇所ほどあり、それぞれの場所で5、6羽が待っていて飛んで来ます。朝飯の食パンを待っているわけです。小さくしてそれぞれに投げてやると長年やっているのでストライクと鼻の前に的中します。チチッといかにもありがとーっというように鳴くのも面白いです。公園ではリスは手からドングリを、スズメも手からパンを40年もらっています。

12才になった幼いムクも元気に彼らに会いに一緒に毎日出かけています。こういう自然こそ私の仕事の最も強力な助手と言えます。(撮影・編集: 岡本)

クリックすると大きく見えます。



2021年10月17日日曜日

感想 / Review の2021−43、2021−44を活字体(インターネットで外国語に自動翻訳されます)と載せます。スキャンは、個人情報の守秘のために姓名の姓だけにさせていただいています。

スキャンした感想 / Review はクリックすると大きく見えます。

2021−43

油絵がすごくよかったです。

友人とどの絵が好きかでとても盛り上がりました。

たまたま通った道で素晴らしい場所に

出会えました。ありがとうございました。   佐藤  20〜30才

10月15日

芸術の事はあまりよくわかりませんが、

爽やかな気分になりました。         KM  50才

10月17日

とてもきれいな美術館だと思います。         50才

10月17日

動く岩がおもしろかったです!

来てよかったです。             城戸  30才

2021−44

10月11日

ふらっと立ち寄ってみてこんなステキな作品と

出会えるとは思ってもいませんでした!『それからずっと

幸せに暮らしましたとさ、ところが、、、』ではこの絵が好き

あの絵が興味深い!と一枝に来た先輩と意見を

共有できて楽しかったです☆ また来たいです!!! 田中 20才

10月15日

すばらしかったです!              40〜50才

10月17日

長い時間をかけて丁寧に作品を

創造されたことを良く伝わりました。       50才

10月17日

リアルな絵と抽象的な絵が共存する、

アンバランスがよかった。

動く岩は発想に驚きました。           40才 



    

 2006年6月の美術館のオープン以来15年が経って、美術館周辺の樹木も随分立派なものになっています。南側のクヌギの大木は阿蘇の連山の雄大な景観の真ん中に堂々10メートルを越えて来ています。時々周りの木々は近所のフランス料理アマファソンが雇った庭師が剪定をしていますが、この大木だけはもはや背が高すぎて、登るのも容易ではないので、そのままになっています。

写真右下の白い点線あたりで成長が止まっていてくれたら理想でしたが、、(撮影:宮崎  編集:岡本)

クリックすると大きく見えます。




2021年10月16日土曜日

 感想 / Review の2021−42を活字体(インターネットで外国語に自動翻訳されます)と載せます。スキャンは、個人情報の守秘のために、姓名の姓だけにさせていただいています。

スキャンした感想 / Review はクリックすると大きく見えます。

2021−42

10月10日

残り人生で見せてもらい本当に

思い出になりました。        山部   88才

10月10日

油絵がとても鮮明に描かれていて

素晴らしかったです。        波多江  20才

10月11日

(ベトナム語で綺麗な文字で書いてありますが、ベトナム語と日本語のバイリンガルの人に訳してもらわないとわかりません。)

        Quyul(ベトナム人、黒川温泉宿勤務、仲居さんをしている人) 20才

10月15日

初めて来ました。

独特の画風がすばらしいと思いました。     40〜50才




2021年10月14日木曜日

 美術館のホームページ:www.rikurookamotomuseum.com の制作と更新担当の梶原勉氏が「白い展望台:ロシナンテ」について、インフォーメーションの英語と日本語の両方のページに、写真と文章を載せてくれています。文章の内容は以下の通りです。

白い展望台:ロシナンテ

2019年、1年間の時間をかけて「白い展望台:ロシナンテ」を岡本陸郎の美術作品として慎重に完成させました。

展望台は、ドン・キホーテの貧馬にして愛馬のロシナンテから命名しています。この階段を登る人は、世界の壮大で遠大な風景を一望しようというドン・キホーテの心意気を感じ取ることができるという小さな展望台です。

どなたでも登って阿蘇国立公園の無限の空と風景を楽しむことが出来ます。

"Observation White Deck: Rocinante"

Artwork : "Observation White Deck : Rocinante" was finished in 2019.

It was meticulously designed and produced by Rikuro Okamoto and it took one year to complete.

"Rocinante" is named after the poor, aged and beloved horse of Don Quixote.

Anybody can walk up the steps of "Rocinante" and can see the vast, infinite view of the world.

(写真撮影文章レイアウト:梶原氏&岡本)

クリックすると大きく見えます。



2021年10月12日火曜日

 美術館の「野の花遊歩道」の周辺には、ススキがスクスクと成長し「白い展望台:ロシナンテ」を南側は隠すほどに心おきなく秋の風に揺れています。

小さな砂利を好んで、アキノノゲシが地面から強靭な黄色の花を咲かせています。11月頃まで咲くでしょう。拡大してよく見ると黄色と黒の縞の小さな働き者のハチが秋の収穫をしています。(撮影:串山  編集:岡本)

クリックすると大きく見えます。



2021年10月10日日曜日

 感想 / Review の2021−41を活字体(インターネットで外国語に自動翻訳されます)と載せます。スキャンは、個人情報の守秘のためにために、姓名の姓だけにさせていただいています。

スキャンした感想 / Review はクリックすると大きく見えます。

2021−41

10月8日

作風が斬新で新鮮でした。

この世の森羅万象を表現したいという

意図を強く感じました。           K.I.

10月9日

セントラルパークに行きたくなりました。   原岡  20才

10月10日

細やかなタッチのすごさ、絵に感動しました。

ありがとうございました。          山部  60才

10月10日

全部すてきでした!!

ありがとうございました。          松永  20才