2019年11月12日火曜日

感想 / Reviewの201992を活字体 (インターネットで外国語に自動翻訳されます)と載せます。スキャンは、個人情報の守秘のために、姓名の姓だけにさせていただいています。
スキャンした感想 / Review はクリックすると大きく見えます。
2019−92
11月9日
清潔な館内 又 アイディアに満ちた
作品 陳列を拝見でき有難うございました。
又 自然も美しくいい旅ができました。
11月10日
小郡から来ました。ここに勤めていた崎山さんから
この美術館のことをきいていて、やっと来ることが出来ました。
見学して大自然の中の一人の人間のような感じを受けました。
絵の一つ一つが生き生きとして生命感を感じました。
明日へのエネルギーをいただきました。ありがとうございました。
150才まで生きて、自分らしい作品を作ってください。 野田 60−70才
11月12日
写実的なものからパッと見 何かわからないけど印象的なものまで
見ていて「この瞬間に何かを感じたんだろうな」と思う作品がたくさんあり
大変興味深く拝見しました。
静かな空間も、とても心地よかったです。      菅原  40才
11月12日
写真みたいなどの作品もステキでした。

来て良かったです。               牛島  60−70才

美術館周辺は秋の青空の下、紅葉に染まっています。野の花遊歩道のオカトラノオは花が終わった後、タネをそのままつけて赤く色ついて、中にはタネがはじけているものもあるようです。来年はオカトラノオが一層増えていることでしょう。(撮影:手嶋  編集:岡本)

クリックすると大きく見えます。


11月1日に載せたノイバラは最初はサルトリイバラ(サンキライ)と思っていましたが、お二人の有識の方からのご指摘があって(ありがとうございます)、ノイバラの実であると分かったので、新たにノイバラの名札を作って立てました。ノイバラは非常に小さなヘタの付いた柿のような実をしています。サンキライにはヘタがなくもっと色も鮮やかであるという違いがあるということを知りました。どちらもこの時期年末にリースの飾りに使われています。
名札は、ニューヨークでデザインを作り美術館にメールで送って、宮崎さん、手嶋さんが印刷とラミネートをしてくれ、串山氏がプラスチックをジグソウで切断しドリルプレスで本体を作るという共同作業システムで作って立てています。プラスチック材料はナフコで購入するので、材料費は廉価です。これまでに105ほどの名札を立てて来ました。名札はカラー写真が両面にあり、ラミネートのおかげで風雨に耐えています。美術館の野の花遊歩道では花のすべての名前がすぐにわかる、ということを目標にしています。
野の花遊歩道ではできるだけ人工的な植栽は避けて、自然の自生する植物の力に任せて確かめたいと思っています。
1000メートルの高原に自生する植物にはどういう種類があるのか、できれば自生する植物を全て網羅したいという遠大な望みがあります。目標は高く置いています。
できるだけ人工的力は入れないようにしていますが、茅(ススキ)や笹は繁殖力が強いので、背の低い草花を元気付けるために、春と夏の滞在中には刈り払い機で数回茅と笹を刈っています。野の花遊歩道も3年目になり、ゲンノショウコやキジムシロ、キツネノマゴなど背丈の低い小さな花が元気に咲く姿が多くなって来ています。
クリックすると大きく見えます。


岡本陸郎美術館ニュースレター  2019年秋の号

秋が深まって来ています。美術館は11月30日まで開館し、例年通り12月1日より冬季休館に入ります。

この10月には、美術館関係者の税理士西村先生、宇井さん、宮崎さん、手嶋さんの4人がニューヨーク旅行をし、セントラルパークを一周するサイクリングを行いました。みなさん数十年ぶりの自転車で練習をして来てもらいました、おかげですぐにスイスイ走ることが出来ました。秋の太陽の気持ちの良い10月14日、美術館内に常設展示してある「動く岩」の大岩の実物に全員で登ることができました。サイクリング途中には、「アメリカ自然史博物館」にも立ち寄りました。広い公園の自然の中、大変楽しい秋の一日でした。
セントラルパークは1970年代から80年代にかけて「動く岩」を十数個型取りして制作し、シカゴ、ロチェスター、コネチカットなどアメリカ各地のビルのロビーや広場、美術館に設置して行きました。最終目標としていた大岩を完成して、以後は動く立体作品は全く作らないで、それまでも併行して制作していた絵画作品に集中して制作し、今に至っています。
「動く岩」などの制作中や設置の写真などはサイトhttps://www.rikurookamoto.com のPast worksのページに多数載せてあります。

美術館の「野の花遊歩道」にこの3年待ち続けた「旅する蝶、アサギマダラ」が10月18日初めてやって来て、受付担当の串山氏が綺麗な写真を撮ってくれました。この蝶の写真と、入館者のうち希望する人に書いてもらいスキャンした「Review / 感想」と、またニューヨークのセンタラルパークサイクリング一周の写真とともに、美術館ブログ https://rikurookamoto.blogspot.com
に載せてあります。各ページの右下の「前の投稿」をクリックすると前のものを見ることができます。

台風や大雨もやっと収まって来たようです。みなさん落ち着いた秋の季節を楽しんでくださいますよう。


(このニュースレターは個人情報守秘のためにBccでお送りしています。)

2019年11月9日土曜日

感想 / Reviewの201991を活字体 (インターネットで外国語に自動翻訳されます)と載せます。スキャンは、個人情報の守秘のために、姓名の姓だけにさせていただいています。
スキャンした感想 / Review はクリックすると大きく見えます。
2019−91
10月28日
楽しく過ごせる時間でした。
自然のままで描かれているのが好きでした。
私もいつも観てたので                                                        60−70才
10月28日
身近な風景に楽しい心を育む物が
沢山ある事に気付かされました。                                    60−70才
10月28日
天気が良く 突然立ち寄りましたが、
とてもおどろきました。絵がすばらしかったです。    40−50才
11月8日
油絵ではないような細かくリアルな感じにおどろきました。
特に水に浮いている植物や動物と水のもようがきれいでした。 20−30才