2021年10月25日月曜日

 感想 / Review の2021−47を活字体(インターネットで外国語に自動翻訳されます)と載せます。スキャンは個人情報の守秘のために、姓名の姓だけにさせていただいています。

スキャンした感想 / Review はクリックすると大きく見えます。

2021−47

10月25日

世界各国の風景や人物など楽しめました。動く岩も感動しました。

また来させて下さい。ていねいに解説していただいて

ありがとうございました。                                        高橋  50才

10月25日

作風に感動しました。                                    飯田  60才

10月25日

初めて来ました。見ていてクスッとほほえんで

見させてもらいました。先生が世界のいろいろなシーンを

ぬくもりをもって見つめておられるのだな、と勝手に感じて

心があったかくなりました。ありがとうございました。村上  40〜50才

10月25日

人間と自然のふれあいに心が

なごみました。                  塩崎  70〜80才


 

 美術館の「野の花遊歩道」とその周辺には色彩や形の変化で季節の静かな移り変わりを教えてくれます。

野ブドウの実はひと月前の9月にはまだ黄緑色でしたが、今は青や紫のカラフルな色に変化しています。野ブドウは食べることはできませんが日本の民間療法の貴重な薬として古来使われて来ました。

コオニユリはふた月前の8月には鮮やかな色彩の大きな花が次々と咲いていました。開花の後は茶色の果実となり、中には整然と種子が並んでいます。種子は風が吹くと揺れてあたりに散り飛ばされます。こうして美術館では毎年あちこち予期しない場所にまでコオニユリが花を沢山咲かせてくれています。来年も海抜1000メートルの高原の美術館を代表する豪華な花が楽しみです。(撮影:手嶋  編集:岡本)

クリックすると大きく見えます。



 感想 / Review の2021−45、2021−46を活字体(インターネットで外国語に自動翻訳されます)と載せます。スキャンは、個人情報の守秘のために姓名の姓だけにさせていただいています。

スキャンした感想 / Review はクリックすると大きく見えます。

2021−45

10月18日

「動かないもの」と勝手に思い込んでいるものが、動くということに驚きました。

また、その事に、大勢の人々を巻き込んで製作される情熱(関わる方を含め)は

どこから来ているのだろうと思います。人間って奥が深いなあ、、  佐多  50才

10月19日

自然の中にある迫力あるアートで、見応えがありました!!

色々なお話を伺いました。ニューヨークでの、製作の過程が興味深く

こちらで実際に見れて良かったです。

いつかニューヨークで石をみつけてみたいです。         早川  40才

10月25日

いろんなタイプの絵が見れて、とても楽しかったです。

小さな枠のなかに本物そっくりの姿が描かれていてきれいでした。

生き物も今にも動き出しそうでした。              高橋  50才

10月25日

アートはおもしろくて、自由だなと思いました。

リラックスできました。ありがとうございました。       岡村  30〜40才

2021−46

10月25日                         60才

10月25日

身近な植物や風景、虫などで楽しく拝見しました。

動く岩、迫力がありました。                  60才

10月25日

動く岩が気になり来ました。

小さなキャンバスに旅した時の絵がすてきでした。

ありがとうございました。                   30才

10月25日

たまたま近くを通りがかり、気になったので、立ち寄りました。

宇宙の中で私達も含め、一片の漂う者として、その一瞬を

振り与えられている世界観に心をひかれました。

なんとなくですが、自分自身を思い返すきっかけになった気がします。

来てよかったです。ありがとうございました。        澤村 50才





2021年10月23日土曜日

10月20日 正午頃、阿蘇中岳が噴火して高さ3500メートルまで噴煙が立ち上りました。噴火警戒レベルは入山規制の3になりました。

日本は火山列島なので、いつどこででも火山噴火が起こる可能性はあります。今回、阿蘇を遠望する美術館周辺に直接の影響はまだありませんが、噴火の大きさと風向きに注意する必要があります。阿蘇の沈静化を願うばかりです。

写真は今日10月24日、美術館展望台からの噴煙の状況です。今の所、落ち着いているようです。(撮影:手嶋  編集:岡本)

クリックすると大きく見えます。



2021年10月18日月曜日

 ニューヨークもこの2年ほどコロナ危機のために、美術界もすっかり人と対面で会うことは無く、そのためZoomによるネット会合を企画している美術家ジルに招かれて、これまでの作品仕事について1時間半ほど話しました。これまでのシカゴやコネチカットに設置して来た立体作品やNY近代美術館の作品など90枚ほどの写真をパワーポイントで用意して、英語でのZoomによる講演は初めてでしたが、ジョークを交えてみんな愉快に笑いながら熱心に聞いていました。

50年間休むことなく毎日10時間を仕事に集中して、ニューヨークでももっとも大量に仕事して来た芸術家であると長年の友人であるジルも言っていましたが、他に取りえはないけれどそういう50年の完全な集中と持続だけは稀有かもしれないと、今も毎日続けています。

こういう集中と持続を可能にして来たのは、実は人間関係とは無関係な、身近な自然界を友として、常に心を平静に芸術制作にのみ焦点を集中して来たからです。

近所の公園に出かけて毎日リス、スズメに40年会っています。スズメは公園への途中に住んでいる場所が3箇所ほどあり、それぞれの場所で5、6羽が待っていて飛んで来ます。朝飯の食パンを待っているわけです。小さくしてそれぞれに投げてやると長年やっているのでストライクと鼻の前に的中します。チチッといかにもありがとーっというように鳴くのも面白いです。公園ではリスは手からドングリを、スズメも手からパンを40年もらっています。

12才になった幼いムクも元気に彼らに会いに一緒に毎日出かけています。こういう自然こそ私の仕事の最も強力な助手と言えます。(撮影・編集: 岡本)

クリックすると大きく見えます。



2021年10月17日日曜日

感想 / Review の2021−43、2021−44を活字体(インターネットで外国語に自動翻訳されます)と載せます。スキャンは、個人情報の守秘のために姓名の姓だけにさせていただいています。

スキャンした感想 / Review はクリックすると大きく見えます。

2021−43

油絵がすごくよかったです。

友人とどの絵が好きかでとても盛り上がりました。

たまたま通った道で素晴らしい場所に

出会えました。ありがとうございました。   佐藤  20〜30才

10月15日

芸術の事はあまりよくわかりませんが、

爽やかな気分になりました。         KM  50才

10月17日

とてもきれいな美術館だと思います。         50才

10月17日

動く岩がおもしろかったです!

来てよかったです。             城戸  30才

2021−44

10月11日

ふらっと立ち寄ってみてこんなステキな作品と

出会えるとは思ってもいませんでした!『それからずっと

幸せに暮らしましたとさ、ところが、、、』ではこの絵が好き

あの絵が興味深い!と一緒に来た先輩と意見を

共有できて楽しかったです☆ また来たいです!!! 田中 20才

10月15日

すばらしかったです!              40〜50才

10月17日

長い時間をかけて丁寧に作品を

創造されたことを良く伝わりました。       50才

10月17日

リアルな絵と抽象的な絵が共存する、

アンバランスがよかった。

動く岩は発想に驚きました。           40才 



    

 2006年6月の美術館のオープン以来15年が経って、美術館周辺の樹木も随分立派なものになっています。南側のクヌギの大木は阿蘇の連山の雄大な景観の真ん中に堂々10メートルを越えて来ています。時々周りの木々は近所のフランス料理アマファソンが雇った庭師が剪定をしていますが、この大木だけはもはや背が高すぎて、登るのも容易ではないので、そのままになっています。

写真右下の白い点線あたりで成長が止まっていてくれたら理想でしたが、、(撮影:宮崎  編集:岡本)

クリックすると大きく見えます。




2021年10月16日土曜日

 感想 / Review の2021−42を活字体(インターネットで外国語に自動翻訳されます)と載せます。スキャンは、個人情報の守秘のために、姓名の姓だけにさせていただいています。

スキャンした感想 / Review はクリックすると大きく見えます。

2021−42

10月10日

残り人生で見せてもらい本当に

思い出になりました。        山部   88才

10月10日

油絵がとても鮮明に描かれていて

素晴らしかったです。        波多江  20才

10月11日

(ベトナム語で綺麗な文字で書いてありますが、ベトナム語と日本語のバイリンガルの人に訳してもらわないとわかりません。)

        Quyul(ベトナム人、黒川温泉宿勤務、仲居さんをしている人) 20才

10月15日

初めて来ました。

独特の画風がすばらしいと思いました。     40〜50才




2021年10月14日木曜日

 美術館のホームページ:www.rikurookamotomuseum.com の制作と更新担当の梶原勉氏が「白い展望台:ロシナンテ」について、インフォーメーションの英語と日本語の両方のページに、写真と文章を載せてくれています。文章の内容は以下の通りです。

白い展望台:ロシナンテ

2019年、1年間の時間をかけて「白い展望台:ロシナンテ」を岡本陸郎の美術作品として慎重に完成させました。

展望台は、ドン・キホーテの貧馬にして愛馬のロシナンテから命名しています。この階段を登る人は、世界の壮大で遠大な風景を一望しようというドン・キホーテの心意気を感じ取ることができるという小さな展望台です。

どなたでも登って阿蘇国立公園の無限の空と風景を楽しむことが出来ます。

"Observation White Deck: Rocinante"

Artwork : "Observation White Deck : Rocinante" was finished in 2019.

It was meticulously designed and produced by Rikuro Okamoto and it took one year to complete.

"Rocinante" is named after the poor, aged and beloved horse of Don Quixote.

Anybody can walk up the steps of "Rocinante" and can see the vast, infinite view of the world.

(写真撮影文章レイアウト:梶原氏&岡本)

クリックすると大きく見えます。



2021年10月12日火曜日

 美術館の「野の花遊歩道」の周辺には、ススキがスクスクと成長し「白い展望台:ロシナンテ」を南側は隠すほどに心おきなく秋の風に揺れています。

小さな砂利を好んで、アキノノゲシが地面から強靭な黄色の花を咲かせています。11月頃まで咲くでしょう。拡大してよく見ると黄色と黒の縞の小さな働き者のハチが秋の収穫をしています。(撮影:串山  編集:岡本)

クリックすると大きく見えます。



2021年10月10日日曜日

 感想 / Review の2021−41を活字体(インターネットで外国語に自動翻訳されます)と載せます。スキャンは、個人情報の守秘のためにために、姓名の姓だけにさせていただいています。

スキャンした感想 / Review はクリックすると大きく見えます。

2021−41

10月8日

作風が斬新で新鮮でした。

この世の森羅万象を表現したいという

意図を強く感じました。           K.I.

10月9日

セントラルパークに行きたくなりました。   原岡  20才

10月10日

細やかなタッチのすごさ、絵に感動しました。

ありがとうございました。          山部  60才

10月10日

全部すてきでした!!

ありがとうございました。          松永  20才


 

 感想 / Review の2021−40を活字体(インターネットで外国語に自動翻訳されます)と載せます。スキャンは、個人情報の守秘のために、姓名の姓だけにさせていただいています。

スキャンした感想 / Review はクリックすると大きく見えます。

2021−40

10月9日

絵が写真のように見えました。                   宮尾  50才

  月 日

画風が異なるため見てて楽しい。

動く岩にはビックリしました。

作成は大変だったでしょうネ                                佐藤  50才

10月10日

動く岩はとても迫力があり

ずっとみていてあきなかったです。     ハシイ  20才

10月10日

作品のタッチが多種に渡り、ずっと楽しめました。

ミニマリストとしての創作に共感を得ました。 EM  40才





 感想 / Review の2021−39を活字体(インターネットで外国語に自動翻訳されます)と載せます。スキャンは、個人情報の守秘にために姓名の姓だけにさせていただいています。

スキャンした感想 / Review はクリックすると大きく見えます。

2021−39

10月8日                 稲富  50才

10月8日

動く石に驚きました。

絵が写真の様に見えました。         稲富  50才

10月9日

写実的な作品、マンガのような作品、

動く立体まで、岡本先生の多才さに

おどろきました。                                                     宮尾  60才

10月9日

絵画がとても印象的でした。

動く石は見たことがない美術品でした。

驚きました。                                                             佐藤  60才



2021年10月9日土曜日

 美術館の駐車場にはモミジと桜が紅葉しています。桜は落葉する前に桜紅葉(さくらもみじ)と表現されて日本の各地にソメイヨシノがこの時期、秋の美しい紅葉の並木になっています。美術館にも秋の彩りをもたらしてくれています。(撮影:手嶋  編集:岡本)

クリックすると大きく見えます。



感想 / Review の2021−37、2021−38を活字体(インターネットで外国語に自動翻訳されます。スキャンは個人情報の守秘のために姓名の姓だけにさせていただいています。

スキャンした感想 / Review はクリックすると大きく見えます。

2021−37

10月2日

岡本陸郎先生の人生を感じとれた。         枡永  20才

10月3日

旅の楽しさを最後にこちらで

満喫する事ができました。            牟田  60才

10月3日

以外性があって大変おもしろく感じました。    石川  60〜70才

10月8日

人工にはない自然の素晴らしさを知ることが出来ました。 S.I. 40〜50才

2021−38

9月28日

動く岩に驚きました。               青柳  40〜50才

10月2日

和み                                                                                Ido          20才

10月5日

動く岩を作ろうとするなんてすごいと思いました。

ニューヨークからやって来たと思うと感無量です。  桐井   60〜70才

10月8日

まさかこんな物体が

というものが動く事に驚きました。

又、油絵の優しさが私には伝わってきました。   坂本   40〜50才





 今年はカマキリの当たり年のようで美術館の入り口に5日ほど前に突然3匹が並んで現れました。ほぼ8〜10センチの大きさで、この大きさになるにはすでに3回ほど脱皮していると思われます。3匹がこの大きさになるにはハエやクモなどの食料が今年は豊富な年であるのがわかります。しかし、この日以来姿を見せないのは、美術館が食料事情は貧困であると発見して、もっと食料豊富な野原にでも出かけているのでしょう。

美術館では入ってきたカマキリ、トンボ、アブなどの昆虫や生物はいかなるものも出来るだけ袋をかぶせ薄いプラスチック板で入り口を塞いで、外へ持って行って野原に放し、あとは自然の運命に任せるようにしています。人間が他の生物の運命を変えない事、これは美術館関係者全員が普段からしている事です。(撮影:串山  編集:岡本)

クリックすると大きく見えます。



2021年10月8日金曜日

 感想 / Review の2021−36を活字体(インターネットで外国語に自動翻訳されます)と載せます。スキャンは、個人情報の守秘のために姓名の姓だけにさせていただいています。

スキャンした感想 / Review はクリックすると大きく見えます。

2021−36

9月28日

初めて知りましたけど

絵も素敵でした。写実的なのと、抽象的なのがあり、

動く岩もびっくりしました。             合田  60才

9月28日

初めて知りましたが、

やはり動く岩が印象的でした。

色々な作風があり、面白かったです。

一面、白い部屋に作品、ステキでした。          青柳  10〜20才

10月1日

今までこのような芸術に触れる機会がなく

未知の世界でしたが、自分の見ている世界がこんなに美しい

ものだと再確認しました。               河井  20〜30才

10月8日

生活の1ページが生き生きして表して

います。楽しいウキウキしました。

アートと全てが出来ています!スバラシイ!       木村  70〜80才



2021年10月7日木曜日

美術館は大分県と熊本県にまたがる瀬の本高原に位置しています。阿蘇国立公園の壮大な草原や風雲、霧の景色を眺めることの出来る日本でも稀有の魅力に溢れた高原です。その高原の魅力をもっと広めたいと、美術館のすぐ近くの温泉宿泊施設スパグリネスのオーナーの渡邊さんは日頃から努力を重ねておられ、今回ビデオ制作のプロの山口さんに瀬の本高原の魅力をビデオにしてもらい、全国に広めようとしています。美術館も一緒に協力して、受付の宮崎さんの出演で、「動く岩」や絵画展示作品の館内の案内をしています。

このブログはビデオは載せられないので、その内容を写真にして掲載します。広大な阿蘇の草原に山口さんの指導によるドローンの飛行体験や、江戸時代の参勤交代の メイン通りであった旧道(今はほとんど車の通らない平和で安全な道になっています)でのサイクリングや広い野原でのヨガなど魅力満載のビデオになっています。(ビデオ:山口和則氏  写真編集:岡本)

写真はクリックすると大きく見えます。



2021年10月2日土曜日

感想 / Review の2021−35を活字体(インターネットで外国語に自動翻訳されます)と載せます。スキャンは、個人情報の守秘のために姓名の姓だけにさせていただいています。

スキャンした感想 / Review はクリックすると大きく見えます。

2021−35

1つ1つの作品が雰囲気が違いとても素敵だった。

動く岩を見れてよかった。

先生の作品、、、とってもじっくり見させてもらった。  合田  20才

9月28日

色々な物を絵画かれて多彩さを感じます。

動く岩もびっくりでした。                                                            永松  70才

10月2日

世界中の風景がおもしろかった。

全てにセンスを感じます。

動く岩すごかった。                                                                        小林  50才

10月2日

世界感がすばらしかったです。                                                                    20才





2019年に1年間の時間をかけて慎重に完成させた「白い展望台 ロシナンテ」からは、阿蘇の連山や美術館の北側の猟師山の秋の大きな風景を眺めることができます。展望台はドン・キホーテの貧馬にして愛馬ロシナンテからもらって命名しています。この階段を登る人は、世界の壮大で遠大な風景を一望しようというドン・キホーテの心意気を感じ取ることができるという小さな展望台です。(撮影:手嶋  編集:岡本)

クリックすると大きく見えます。